ミノタブ

ミノタブを飲むのはちょっと待て!

あなたが薄毛に悩む気持ちはよく分ります。
早く手を打たなければ!と焦る気持ちもよく分ります。

 

ですが、

 

 

ミノタブはまだ飲むな!ヤバすぎる副作用と危険な落し穴を暴露!

 

 

と言わせてもらいます。

 

・・・

 

ミノキシジルタブレット、通称ミノタブは飲む発毛剤として
薄毛に悩む患者に服用されていますが、危険な副作用があります。

 

ミノタブは元々高血圧患者に投薬される血圧降下剤でしたが、
投薬された患者に発毛効果が現れたことから発毛剤として研究開発されました。

 

 

ミノタブを服用することで体内の血管が拡張され、血行が改善されます。
頭皮の血行も改善されることから発毛が促進されるわけですが、
その発毛効果と背中合わせに以下の危険な副作用があるのです。

 

ミノタブの危険な副作用

  • 血圧低下
  • 肝臓疾患
  • 頭痛、動悸、息切れ
  • 多毛症
  • 皮膚の紅潮、赤ら顔

 

さらに、長期にわたって服用すれば、肝臓をはじめとする臓器の機能低下を招き、
それによって様々な健康被害を引き起こすのです。

 

あなたの髪が増える可能性もありますが、それと引き換えに
あなたの体に様々な健康被害を及ぼすのがミノタブです。

 

髪が多少増えたところで、健康そのものを害してしまえば何の意味もありません。
髪が増えたところで病気になってしまっては何の意味もありません。

 

さらに!

 

ミノタブで得られる発毛効果はあくまでも頭皮の血行が促進されたことによる効果です。
頭皮の血行不良だけが薄毛の原因なのであれば、それはそれでいいでしょう。

 

 

ですが、

 

 

加齢と共に多くの男性を悩ます薄毛の症状は、頭皮の血行不良だけが問題ではないのです。
血行不良を改善したからといって薄毛の根本的な解決にはならないのです。

 

多くの男性を悩ます薄毛の原因は、頭皮の血行不良に加えて男性ホルモンによる影響です。
男性ホルモンによる脱毛作用が加齢とともに進行していく薄毛の原因でもあるのです。

 

 

いわゆるAGA、男性型脱毛症という症状です。

 

 

AGAの対策は、頭皮の血行不良を改善しただけではダメなのです。
AGAの治療は、男性ホルモンによる脱毛作用を抑える必要があるのです。

 

男性ホルモンによる脱毛作用を抑える薬として有名なのがプロペシアです。
薄毛に悩んでいる男性であれあ、一度や二度は耳にしたことがあるでしょう。

 

中には、

 

ミノタブに加えてプロペシアの服用を考えている人もいると思います。
ミノタブとプロペシアの併用を考えている人もいると思います。

 

確かに、プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、まず最初に挙げられる薬です。

 

5αリアクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑え、
AGAの原因であるジヒドロテストステロンの産生を抑える効果があります。

 

プロペシアを服用することで、男性ホルモンによる脱用作用を抑え、
薄毛の進行を食い止めることができるかもしれません。

 

 

ですが、

 

 

ミノタブ同様、プロペシアにも危険な副作用があります。
プロペシアを服用している人からは様々な副作用の報告が上がっています。

 

プロペシアの危険な副作用

  • 男性機能不全(ED)、性欲の減退
  • 動悸、息切れ
  • 頭痛、めまい
  • 肝臓機能の低下

 

中でも男性機能障害(ED)は男性にとって最も深刻な副作用です。
将来のことを考えれば、男性としては一番避けたい症状です。

 

さらに、プロペシアは肝臓で代謝される薬ですので長期にわたって服用すれば、
慢性的な肝臓疾患を引き起こす可能性があります。

 

ミノタブ同様、プロペシアを服用するあたっては危険な副作用があるのです。

 

ミノタブにしろ、プロペシアにしろこれから服用していくのであれば、
”髪は増えるかもしれないけど健康は失われる”それくらいの覚悟は必要です。

 

あなたにはその覚悟ができていますか?

 

 

”髪は増えるけど病気になるかもしれない”

 

”髪が増えるなら寿命が縮んでもいい”

 

 

と思える覚悟はできていますか?
覚悟ができているのであればミノタブにしろプロペシアにしろ服用すればいいでしょう。

 

結局は自分の体のことですし、決めるのはあなたです。
健康を害してでも髪を増やしたいのであればミノタブやプロペシアを飲めばいいでしょう。

 

ですが、

 

誰だって健康は害したくはありません。
病気にはなりたくないものです。

 

 

”髪は増やしたいけど、病気にはなりたくない”

 

 

誰しもそう思うものです。

 

髪が増えたところで健康を害したところで意味がないのです。
髪が増えたところで病気になってしまっては元も子もないのです。

 

・・・

 

 

「それじゃあ、どうすればいいんだ!?」

 

「一体、俺はどうすればいいって言うんだ!?」

 

 

と憤りを感じている人もいると思います。

 

ミノタブを服用すれば頭皮の血行が促進され、発毛が期待できるかもしれないけど、
危険な副作用がある。

 

プロペシアを服用すれば、男性ホルモンによる脱毛作用を抑えて薄毛の進行を抑えることができる
かもしれないが、危険な副作用がある。

 

ミノタブもプロペシアも危険な副作用はつきもの。

 

 

「一体どうしろっていうんだ!?」

 

 

と悩んでいる人がいると思います。

 

そういう人が服用すべきものはミノタブではないのです。
そういう人が服用すべきものはプロペシアでもないのです。

 

 

ミノタブはまだ飲むな!ヤバすぎる副作用と危険な落し穴を暴露!

 

 

いいですか!

 

もし、あなたが本気で薄毛を治したいと望んでいるのなら、
もし、あなたが健康を害すことなく髪を増やしたいのなら、

 

飲むべきものは育毛サプリメント「BOSTON ボストン」なのです。

 

 

育毛サプリ「BOSTON ボストン」

ミノタブはまだ飲むな!ヤバすぎる副作用と危険な落し穴を暴露!

なぜ、BOSTON ボストンなのか?

育毛サプリBOSTONボストンには、

 

  • 頭皮の血行を促進する作用
  • 男性ホルモンの脱毛作用を抑える働き

 

があるのです。

 

ミノタブを飲んで得られる頭皮の血行促進作用と
プロペシアを飲んで得られる男性ホルモンの脱用作用を抑える働きがあるのです。

 

ボストンに配合されたノコギリヤシ成分が5αリアクターゼ酵素の還元作用を抑え、
AGA、男性型脱毛症の主な原因であるジヒドロテストステロンの産生を抑えます

 

独自配合された亜鉛の成分によって細胞分裂やたんぱく質合成が活性化され、
弱体化してしまった毛母細胞を活性化する働きがあります。

 

そして、コラーゲンペプチドをはじめL-アルギニン、L-リジン、メチルサルフォニルメタン、コエンザイムQ10、
ナツシロギクエキス末、パントテンカルシウム、ケラチン加水分解物、イチョウ葉エキス、ヒアツ
といった厳選された20種類以上もの成分が、成分が頭皮の血行を促進してくれるのです。

 

効果の現れ方は人ぞれぞれなので一概には言えませんが、
BOSTON ボストンサプリを服用することで、

 

 

  • ミノタブと同等の血行促進効果、
  •  

  • プロペシアと同等の抗男性ホルモン脱毛作用

 

 

を得ることができるのです。

 

そして何より特筆すべきことは、

 

 

ミノタブはまだ飲むな!ヤバすぎる副作用と危険な落し穴を暴露!

 

 

ということです。

 

ボストンサプリに含まれている成分は天然素材を基本としています。
ミノタブのように科学合成された成分ではなく、体に害のない天然成分を基本としているのです。

 

 

副作用を心配することなく健康的に薄毛対策ができる!

 

 

これが育毛サプリBOSTONが圧倒的に支持されている理由でもあるのです。
健康にも気を遣いながら薄毛を改善したいと願う人から圧倒的に支持されているのです。

 

世の中には様々な育毛サプリが販売されていますが、
ボストンは数年前の発売以来、衰えを知らないロングセラー商品ですからね。

 

知っている人は皆知っている商品です。

 

もし、あなたが自身の健康を保ちながら薄毛を治したいと心底思うなら、
服用すべきものはミノタブやプロペシアではありません。

 

 

BOSTONボストンサプリなのですよ!

 

 

最終的に何を選択するかはあなたの自由です。
別に何を飲んだってだれも文句は言いません。

 

ですが、

 

体のことを本気で考え、そしてしっかりと髪も増やしたいのであれば、
選ぶべきはやはりBOSTONボストンですよ!

 

 

育毛サプリ「BOSTON ボストン」

ミノタブはまだ飲むな!ヤバすぎる副作用と危険な落し穴を暴露!